1. ホーム
  2. トーセイ・リートの特徴
  3. 高い収益力
  4. 50億円以下のボリュームゾーンへ

50億円以下のボリュームゾーンへ

ボリュームゾーンの不動産への投資に注力することにより、 豊富な投資検討機会を確保

規 模 |原則として50億円(注)以下の不動産をターゲットとした投資

(注)取得価格ベース

ボリュームゾーンの不動産に対する投資ターゲットを明確にするとともに、下記の理由から投資規模を原則50億円以下としました。

投資の理由
1物件あたりの投資金額を上記水準とし、数多くの不動産に投資を行うことは、ポートフォリオ全体として、稼働率の急激な低下等のリスクの分散につながり、収益変動リスクを抑制することに寄与
中小規模オフィス賃貸市場は、大規模オフィス賃貸市場に比べ、件数ベースでテナント層が厚く、かかる意味において市場規模が大きく、相対的に安定した賃貸需要が見込まれる
豊富な投資検討機会を確保するという観点に加え、トーセイのコア・コンピタンス活用機会を追求する観点からも、ボリュームゾーンの不動産への投資に注力
関連リンク
ポートフォリオ一覧
ポートフォリオデータ

ページの先頭へ